【スタッフからのメッセージ】
温泉リハビリテーションいま泉病院
高浜美香さん/正看護師
准看護師として働く中、看護師の必要性を感じて通信の学校を選択しました。
その頃、子供は一歳半と手のかかる時期で、育児・家事・仕事・膨大な課題をこなすために勤務調整をしてもらい、家族や職場の皆さんに支えてもらいながら二年で卒業することができました。
職場のサポートが整っているのでとても働きやすい環境になっており、現在は育児と仕事を両立し、休日出勤も行っています。子供の成長と共にいずれは夜勤もしたいと考えています。
学生の指導も行い自分も学びを深めながら、これからも資格が生かせるよう頑張っていきたいと思います。
高藤万里子さん/介護主任
医療病棟で介護主任をしています。
患者様一人ひとりに寄り添ったケアを心がけています。明るく活気があり、やりがいを感じる職場です。
また、当院では看護学生や介護福祉士の資格取得のためのサポートも行っており、スキルアップを目指すには最適です。
高齢化社会となり、地域や社会全体で高齢者を支える取り組みが必要な時代となりました。
私もその1人として、今後も努力したいと思っています。
毛利亜沙実さん/介護福祉士
就職後に勤務継続しながら国家資格、認定資格を取得し、結婚、妊娠、出産を経験。
その際、十分な休暇をいただくことができ、子供が1歳になるまでじっくり子供と向き合うことができました。
また、育児休暇からの復帰後も新しい病棟で温かく迎えてもらい、周りのサポートにより、時間外勤務もなく無理なく仕事が続けられています。
そして、個人の生活に合わせた多様な勤務形態も選択でき、家族や子供の行事にも参加できています。
グループホームいずみの家
高井州代さん/グループホーム管理者
グループホームいずみの家では、認知症の進行により住宅での生活が困難となり入居されても、自宅と同じように、家事や調理等の生活機能訓練を通して、自分の役割を持って暮らしていただけるよう支援しています。そんな家庭的な暮らしの中で、毎日「ありがとう」と共に言い合える機会を多く持てるよう心掛けています。
また、季節に合わせた行事や旬の食材を使った食事の提供に、スタッフ一丸となり皆様に常に季節を感じていただけるよう、そしてよりたくさんの笑顔を見せていただけるよう、日々努力しています。
介護老人保健施設シルバーケア栗山
岩木晴日さん/介護士
私が介護職を志したきっかけは、私の祖母が脳梗塞を患った時、病院で話し相手になるだけでいつも満面の笑みで喜んでくれた祖母の顔です。祖母は亡くなってしまいましたが、人を喜ばせたい、少しでも高齢者の方の役に立ちたい、と思い、介護の仕事に就くことにしました。
私は介護の経験がなく、不安でいっぱいでしたが、悩んでいる時は友人や先輩方が優しく助けてくれました。
利用者様の笑顔を見ると疲れている時でもこの仕事に就いてよかったと、やりがいを感じています。
利用者の皆様が笑顔で過ごせるよう、これからも頑張っていきたいです。
 
TOP